不動産情報徹底解剖「不動産投資解体新書」

 
不動産投資

不動産投資とは

不動産投資とは、一般的には投資によって純利益を得る目的で不動産事業または関連に資金を投資することを称します。また主な具体例としては自身が投資した不動産を人に貸与して、定期的に安定した賃料という利益を受け取る通称インカムゲインと、その投資不動産を購入したさらなる金額以上でのキャピタルゲインを期待することを称しています。広島 賃貸で物件を選ぶ前に収益や投資についてしっかり身に付けてからにしましょう。

ちなみに「ミドルリスク/ミドルリターン」の投資商品なのが不動産投資なのである。
不動産は通常の場合だと賃料の下落やその賃貸の空室状況などにより当初予定していた収入が見込めない場合や不動産の価格が大きく下落してしまったり、または地震などの自然災害などによって建物が倒壊してしまうリスクがある。危険性を伴っていはいるが、一般的には土地がある旨であり、資産価値がまったくのゼロになるという可能性は極めて低いと言われています。
またバブル全盛期などは、通称キャピタルゲインを狙った不動産投資が主流だあった。近年ではバブル崩壊後、米国の不動産投資の大きな指標として収益還元方的な考えで不動産投資が昨今の主流となっています。近年では低金利、またはインフレの為の不動産投資時期としてはタイミング的にも非常に良い環境と考えていていいでしょう。

REITの法的構造を理解する
通称REITとは投資信託及び投資法人に関する法律の基において組成されています。またREITの主たる形態としては、一般的には投資信託または投資法人の2つがあります。この2つを契約型及び会社型と比比喩していますが実際は法的に解釈すると正確な表現ではありません。
2007年の段階では、日本国内の証券取引所に上場されているREITは、全ての投資法人型の形態を選択していることになっていますが、投資信託型での上場も法律的解釈から見解すると十分に可能であるとされています。
通称「投資信託」とは、投信法第2条3項によると「委託者指図型投資信託及び委託者非指図型投資信託」の二つうを指し示しています。ちなみに委託者指図型投資信託と称されているものは、信託財産を委託者の指図に基づいて有価証券、特定資産に対する投資のみとして運用することを目的とする信託であり、なおかつその純受益権を分割して複数の者に取得させることを目的とするものをいう(同法2条1項)。一方ではこれに対して、委託者非指図型投資信託と称されているのは、一個単位の信託約款に基づき、受託者が複数の委託者との間に正式に締結する信託契約により受け入れた金銭を双方で合同して、委託者の指図に基づかず主として特定資産に対する投資として公式に運用することを目的とする信託を称します(同法2条2項)。

recommend

ワンデーアキュビュー、メダリストなどメジャーレンズからカラコンまで豊富に取り揃えています。

デイリーズ購入

最新のインプラント治療技術の充実した戸塚駅から電車で7分の大船駅北口歯科インプラントセンターへお越しください。

インプラント 戸塚

医学部・名門難関大学の受験突破を志す高校生・高卒生・中高一貫校の中学生の人間力育成のお手伝いをします

名古屋 医学部 予備校

Last update:2016/11/1